「夢のつばさ 福祉フェスタ2007」ミニ講習会のお知らせ イラストのヒヨコが片手を上げたり下げたりして手を振っている画像




「夢のつばさ 福祉フェスタ 2007」ミニ講習会

  「ガイド講習」    
●講師 歩行訓練士
●時間 10時15分〜11時(1回目)
    11時15分〜12時(2回目)
    14時15分〜15時(3回目)
●場所 ハピネスなかま1階第2会議室
●定員 1回20名
●内容 視覚障害者に対する声かけの仕方、誘導の方法について講習を行います。
●対象者 視覚障害者を持つ家族・児童生徒・医療関係者・店員・行政・金融関係者など

  「SPコード作成講習」
●講師 廣済堂スピーチオ販売株式会社 代表取締役社長 深見拓史
●時間 11時15分〜12時
●場所 ハピネスなかま2階視聴覚室
●定員 30名
●内容 視覚障害者用活字文書読上げ装置「スピーチオ」の実体験と音声で読上げる「SPコード」作成方法について講習を行います。
    また、印刷物製作にあたり注意する点や、チョットしたミスをなくすための工夫などを講習します。
    簡単に作成できる「SPコード」作成を体験してみてください
●対象者 行政・医療関係者・議員・ボランティア・家電メーカー・店舗経営者

  「DR1録音講習」 
●講師 シナノケンシ株式会社 システム機器事業部 第2開発営業部 営業2課
    係長 山岸秀和
●時間 11時15分〜12時
●場所 ハピネスなかま1階第1会議室
●定員 30名
●内容 カセットデッキに替わるデジタル録音機「DR-1」の、基本録音方法からデジタル録音ならではの便利な録音テクニックの
    デモンストレーションを行います。
●対象者 音訳ボランティア・朗読に興味のある方・行政・議員

  「現在の障害者支援機器と未来」についての講習
●講師 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 准教授 和田親宗
●時間 13時00分〜13時45分
●場所 ハピネスなかま2階視聴覚室
●定員 30名
●内容 視覚障害・聴覚障害・運動障害を支援する市販機器や研究内容をいくつか紹介します。それらの機器を使うことで、
    今はこういう生活ができ、将来はこのようなことができるようになるということを理解してもらえると幸いです。
    絵や写真等を多数用いてお話ししますので、情報収集の一環として気楽に聴講して頂ければと思います。
●対象者 障害者・行政・議員・一般市民


このページの壁紙は、淡い鹿の子模様のパステルグリーンです。




フェスタのページに戻る