平成17年6月26日
今年の梅雨は少雨傾向でダムの貯水率も低く、水不足が心配されている。しかし今日は
朝から久しぶりに雨、出かけるころには雨も上がり、予定通り中間を紹介できるような風景を
撮るために、屋根の無い博物館でもやい像をカメラに撮り、JR中間駅から筑前垣生駅まで
電車で移動し、車窓からの風景も撮影した。特に遠賀川を渡る鉄橋からの風景を写してみたかった。
垣生公園は桜の名所で、その時期になると多くの人で賑わう。小高い丘と池、沢山の木や
花、歌碑や古墳、神社などがある自然豊かな空間が広がっている。
それから池にはボートが7艘あり30分300円で乗ることもできる。市から委託を受けて
管理されているシルバー人材の方に、気軽に撮影に応じていただくことができた。
ボートに乗って写真を撮りたいという私の希望に決死(笑い)の覚悟で同乗していただいた
知人のAさんのおかげで、かもの写真を撮ることもできた。
4時間余りの散策でなんと80回以上もシャッターを切っていた。
初めての垣生公園の小さな小さな楽しい旅だった。
カメラネーム: ごま

「屋根のない博物館」と書かれた石碑の写真。
人の顔の石碑の写真。
鉄橋を渡る列車の中から撮った中間市南側の写真。
垣生公園内の太鼓橋の写真。
木々の真上から放射線状に刺す太陽光の写真。
池のほとりでくつろぐ鴨3羽の写真。
ボート小屋のおじさんの写真。
「はなのいのちはみじかくて苦しきことのみ多かりき 英美子」と書かれた歌碑の写真。
ずらりと横一列に並んだ歌碑の写真。
池のほとりに咲く紫色をしたアジサイの写真。
歴史を思わせる古木の写真。
池で泳ぐ鯉の写真。
垣生駅の写真。
ごまさんが録音された「垣生公園」での様子をお聴きいただくことができます。
リンクをクリックしてください。

電車の中の様子

ボートに乗っている様子

公園内を散策している様子



ふるさとなかま・いい仲間に戻る

トップへ戻る