会則 お辞儀をする妖精の画像



中間市視覚障害者の会[つばさの会]会則



名称

  第1条、 本会は中間市視覚障害者の会[つばさの会]と称する。

目的

  第2条、 本会は会員相互の親睦融和をはかり視覚障害者の福祉増進に寄与する事を

       目的とする。

事務所

  第3条、 本会の事務所は当分の間、会長宅に置く。

組織

  第4条、 本会は中間市に在住する視覚障害者と本会の目的に賛同する市外の視覚障

       害者及び市内外の晴眼者で組織する。

事業

  第5条、 本会は第2条の目的を達する為、次の活動事業を行う。

       1.会員相互の連絡調整。

       2.会員の福利厚生に関する事項。

       3.会員の資質向上に関する事項。

       4.中間市及び市社協並びに関係機関との連絡調整。

       5.福祉問題に対する調査研究とその結果に対する提言。

       6.地域社会に貢献寄与する事項。

       7.その他本会の目的達成に必要な事業。

会員

  第6条、 1.本会の会員は第4条による市内外の視覚障害者及び本会の目的に賛同

         する市内外の晴眼者とし、会の活動に参加する人を言う。

       2.視覚障害者を理解し本会の主旨に賛同し協力する人を賛助会員とする

         ことができる。

役員

  第7条、 本会に次の役員を置く。

 1.会長1名・副会長2名・事務局長1名・会計1名・文庫部長1名・

         広報部長1名・IT情報部長1名・しるべ部長1名・会計監査1名。

       2.役員は会員の互選により選出する。

       3.役員の任期は2年とし再任は妨げない。

役員の職務

  第8条、 役員の職務は次の通りとする。

       1.会長は本会を代表し本会の会務を統括する。

       2.副会長は会長を補佐し会長の事故あるときはその職務を代行する。

       3.事務局長は本会の事業の運営に関する事務を司る。

       4.会計は本会の財務に関する事務及び資産の管理を司る。

       5.文庫部長は点字図書録音図書フロッピー図書の管理複製を司る。

       6.広報部長は機関紙で会の活動状況や行事予定を紹介すると共に様々な

         情報の収集を行い掲載する。

       7.IT情報部長は情報格差解消に努め、サイトの管理運営を司る。

       8.しるべ部長は個人的(つばさの会限定)なガイド要請の連絡調整を

         司る。

       9.会計監査は本会の会計と資産を監査する。

会議

  第9条、会議は定例会のほか必要に応じて会長が召集し会長が議事を司る。

  第10条、定期総会は年1回会長が召集し開催する。

会計

  第11条、1.本会の経費は会費、補助金、寄付金、その他の収入を持って当てる。

       2.本会の会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

表彰

  第12条、本会で功労者と認めた者は役員会の議決を経て表彰することができる。

慶弔

  第13条、在籍5年以上の会員で、喜寿、米寿の慶祝該当者に何れか一回のみの祝い

       金を贈る。在籍5年以上で百歳到達者にも祝い金を贈る。なお喜寿、米寿

       何れかで祝い金を受けた者も百歳慶祝の対象とする。会員の死去に対し香

       典を贈る。

付則

  第14条、本会に必要な細則は別に定める。

  第15条、この会則は平成21年4月1日より施行する。






トップへ戻る