ピンク色をした蝶の画像 老人ホーム慰問 青い色をした蝶の画像


つばさの会女性メンバーがマイクを持ち、司会をしている写真。
つばさの会女性メンバーが真っ赤な地色に白い小花模様の着物を着て両手を広げ、腰を落として踊っている写真。
つばさの会男性メンバーがアコーディオンを演奏している写真。
つばさの会男性メンバーが尺八を演奏し、女性メンバーが民謡を歌っている写真。


平成16年9月26日(日)
市内にある、特別養護老人ホーム(智美園)へ
マッサージ・アコーディオンの伴奏による歌・民謡・踊りで
慰問をさせていただきました。

天気が心配でしたが、雨も降らずに 移動もスムーズにできました。

入所者の方に沖縄出身の方がおられ
ありがとうを沖縄の言葉で教えていただきました。
「ニヒーデビル」というんだそうです。
他にも、教えていただいたのですが、あまりに難しく
覚えられませんでした。
マッサージをしながら、方言の話をしたり
食べ物の話をしたり、とてもいい時間を過ごさせていただきました。

その後、食堂に集まり、当会で特技を持つ人たちの
催し物がありました。

まずは、踊りから始まってアコーディオンに合わせての歌、
入所者の方たちは「幸せなら手を叩こう」のとき
手を叩いて楽しそうに歌われていました。

その後、尺八に合わせての民謡が2曲演奏されて、
最後に、恒例の尺八に合わせての「炭鉱節」が歌われて
会は終了しました。

お手伝いいただいた方智美園のみなさん「ニヒーデビル」



参加者全員で記念撮影。

16年度行事報告へ

色んな行事やってます!に戻る

トップへ戻る