夕焼け川柳 6





おはぎ食べ 胃の中にだけ 秋が来た
                      ごま


旧友と 交わす杯 時 忘れ
           へんこたれ


旧友に 肩書きいらぬ おれおまえ
               へんこたれ


灯がともり 我が家の夕食 のり弁当
                    とろろ


のり弁も 三日続けば あきが来る
                  とろろ


嘘詠むな 俺の頭は ふっさふっさだぁい 
                       ごま


あおのりを いくらかけても 戻らない
                     ごま


藁人形 AEDで 感謝状
             ごま


夕焼けに ゆうげの匂い 灯がともる
                    ごま


遊ぼうと したがつばさは 逃げて行き
                    とろろ




次ページへ   前ページへ   夕焼け川柳へ戻る   トップへ戻る