夕焼け川柳 7





しつけだと 教えてやれば 嫌われる
                   とろろ


破裂する 花火の音に 色うかぶ
                  ごま


駄犬ちゃん 花火の音に 網戸かく
                   ごま


ふるさとで 盆を過ごして またかえる
                    とろろ


この視野の 中で花火よ パット咲け
                   とろろ


夏の夜に 花火のギフトが なかまから
                     とろろ


鳴く蝉も 夏の残りを 惜しむよう
                 とろろ


ラブレター 点数つける 娘たち
                 ごま


窓を開け 寝るのは終わりと 虫の声
                    とろろ


過ぎる夏 北京の夜を あでやかに
                へんこたれ




次ページへ   前ページへ   夕焼け川柳へ戻る   トップへ戻る